スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6 カイダンPTとか

2009.07.30 *Thu
一度消えたから全力で書き直す途中でダレてきた、PT時の動き方心得。
かなりテキトーです。異論がある場合は是非教えて下さい。参考にしたいんだよう。
今回はカイダン牢獄を例にとりましたが、エラクス神殿なんかでも応用は可能。炎神殿は知らん。
追記してほしい事やシミュレート状況があったら言って下さいまし。


<シールド>

1:普段からの動き方・心得

タゲ取り最優先。
FAを取る役目があるためサインも兼任する事が多い。するとMAP先導役なども漏れなくついてきます。がんばれ。
上の事情により、敵の強さ、周辺の状況とリンク予想、逃げ時などを判断するのも仕事のうち。
キャプチャとプロボでペアの片方だけ上手く引っ張って一匹捨ててきたり、
巡回の来ない位置まで敵を動かしたりすることでより安定を図れる。
殴ってる間も状況に応じてプロボを挟んでタゲを安定させるべし。
全員のHPバーとMPバーに目を配り、戦闘中誰が殴られてるか、移動開始前に休憩を挟むべきかなんかも考えるとなおよし。
いざと言うときのためにPOTは準備しておきたいところ。

2:2~3匹リンク時

サインをつけて、みなの攻撃対象を指示するべし。
寝てるやつにはクールタイム終わり次第のプロボーク、起きてる敵はプロボークシビアとシールドブローで何とか保持。

処理順はあくまで私見ながら
旗手>>ドゥカキ遠距離>トルシン遠距離>ドゥカキ近距離>トルシン近距離
近距離攻撃タイプの硬いやつを寝かせて、柔くてすぐ死ぬ奴または厄介な奴を先に叩く。
トルシン遠距離にスリープ入れさせると、レジストされた場合にスペルが死ねるので注意。
複数の敵と戦う場合は、自分以外に敵の範囲攻撃が届かない&他の巡回がやってこない位置に立つことも重要。

3:さらに多数リンクして決壊しそうな時

撤退判断を下すのはリーダー・シールドの場合が多い。なるべく早めに判断を。
逃げるよう指示を出し、自分以外をタゲってる奴にありったけのプロボ・キャプチャーをばら撒き自分もガン逃げ。
出口が近い場合、先頭を走って、皆が逃げる方向の敵を全てひきつけて走ったほうがPT自体の生還率が高くなる。
ある程度離れると余計なタゲを振り切れるので生き延びられるかも。
撤退モードになったらヒールは貰わないバフも貰わない。使えるのはPOT一回なので覚悟。

あ、本気でやばいときは逃げろと発言する余裕すら無い事も多いので
周りの人も動きとかで汲み取ってあげてください…

MPK防止のために、他のPTがいる道は避けて走りたいところですね。


※撤退時のタゲ切れ判定に関して※

「敵の攻撃が届かない一定の距離を保ち続け」「その間攻撃やデバフをかけないand効果が残っていない」と、タゲが切れます。
なので撤退途中でヒールを入れたりすると、スキル使用カウントされて敵のタゲ切れ判定が更新されたりします。
スリープがかかってる間はどれだけ離れてもタゲが残り続けるため、巡回モブがそこに近寄ったりするとそいつも反応します。

遠距離攻撃モンスターは離れていても攻撃可能範囲にいるためタゲを切るのが難しくなります。
旗手のクワイエットシャウトは周辺のモブのタゲ更新を一気に行うため切るのが以下略。


※応用編:ペアのうちの一匹を引っこ抜く方法※

・Bにキャプチャーの鈍足効果を入れる → 少し走ってからAにプロボ → 
 更に走って、Aにたまに攻撃を入れつつ鈍足かかってるBを引き離しながら走る →
 離れすぎたBが元の位置に戻りだす → 全員でAを攻撃開始。

・Aにプロボ→少し走ってからAにキャプチャーでタゲ更新ただしBはノータッチ → 
 更に走ってBの反応範囲から逃げる→離れすぎたBが引き返しはじめる → 
 Aの鈍足効果が続いてる間に急いで引き返し、Aを殴りタゲ更新 → 全員でA攻撃開始

前者はキャプチャーが成功しづらい場合に、後者は成功しやすい場合に有効?
好みもあるだろうしその辺は臨機応変に。
けっこう走る必要があるので、周囲に他のモブが居るときは厳禁。

この途中で誰かがシールドにバフを入れたり敵を殴ったりすると、
前述の通りでタゲ切り判定が更新され、Bのタゲがなかなか切れなくなるわけです。
一匹捨ててくるので待機、と言われたら涙をのんでじっと見守りましょう。
<キュア>

1:普段からの動き方・心得

回復の要なので攻撃魔法に気を取られすぎて回復がおろそかにならないよう注意。
でも実はコンデムネーションストライク→ヘブンジャッジが助かる場合もあるので、状況を見ながら。
ヒールライト3種とヒールグレースとリバイバル系の使い分けでMP節約&ディレイ有効活用ばんざい。
いざと言うときのMPは残しておきたい。定期的にこまめなお座りしたりMPリカバリやペナンス利用。
ペナンス入れたら宣言しておくとシールドが釣りを控えてくれるかと。
あとカオス中の蘇生の前にエンパリーアングレースとか入れたりするとさらに節約になりますネ。

注目しておきべきは、自分のHP→スペルのHP→シールドのHP→そのほか順次。
蘇生優先順は、シールドorもう一人のクレ系→ソードorスペルorスピ→ストライダー系?状況によりけり。
余裕がありまくりなら杖で殴ってもいいけど、範囲は食らわないようにしましょう。
カームはここぞという時まで温存しといたがいい。
自分ひとりでも生き延びればなんとかなる!いざとなったら他の奴は見捨ててOK!

2:2~3匹リンク時

多分回復でいっぱいいっぱい。
ヒールグレースはこう言う時のために温存しておこう。
スリープ終了やレジストなどでスペルが追い掛け回されている場合、リストレインで足止め時間稼ぎ
or失敗してもヘイト稼いで自分に引き付け、シールドが剥ぎ取るまで耐える、という選択肢がある。
意識してそうしなくても、スペルが攻撃くらったところにヒール入れたら自分にタゲが来る事が多い。防具は固めるべし。
逆に言うと2クレで自分がローブ装備の時などはリストレインは控えたほうがいいかも。


3:さらに多数リンクして決壊しそうな時

とにかく自分が生き延びることを優先。
逃げろと指示が出たらヒールは厳禁。足を止めてる間に追いつかれるし、タゲ更新される場合がある。
自分ひとり(またはチャント一人)生き延びれば建て直しも可能。前衛は見捨てましょう。


<チャント>

1:普段からの動き方・心得

サブ回復と思いきや戦闘中の7割は殴り担当。
火力は低くてもスタンやデバフつき攻撃で目に見えぬアシストになってるので積極的に殴ろう。
ただしスタンさせすぎでタゲが切れて敵のHPを全回復させないように注意。
移動時と戦闘時のマントラ切り替え、とか、開幕シールドにリバイバルスペルとか、
ウインドプロミスとアースプロミスの切り替えとか、自発的にやろうと思ったら仕事は多い。
キュアが殴られてる時はチャントの回復も命綱。殴りに拘泥し過ぎないよう注意。
意外とバフ・ヒール・デバフの3拍子でタゲを奪い取りやすい。防具は固めておきたい。盾も用意しておけばサブタンクくらいなら余裕で勤まるし。
ちなみに全力で殴り回復してると、誰より先にMPが切れます。リカバリ重要。

全員にマントラを届ける位置取りも重要。これはシールドや後衛もかかわってくるけど


      剣   弓
盾 (敵) ¥  癒魔
      影   精           (¥=エンチャント=チャント)


こんな感じで戦うと、マントラは満遍なく届くし、シールドが全体見渡しやすいし
物理職がバックアタック狙えるし、敵の前方範囲攻撃がシールド以外に届かないといい事づくめ。
野良のシールドさんとかだと回りこんでくれない人も多いけど、頼めば皆やってくれます。


2:2~3匹リンク時
回復頻度が上がるのでレイジスペルは絶対切るべし。
予め回復担当を決めてる時以外は、キュアやスペルやシールドの回復を優先して手伝う。
キュアに比べると回復量はたかが知れてるので、あくまで手伝いと割り切ったほうが良い。
合間合間にスタン攻撃なんかを入れて余裕を作るのもまた良し。
硬いチャントなら2匹目受け持ちとかも可能。


3:さらに多数リンクして決壊しそうな時
キュアと同様、生き延びることが肝要。スプリントマントラつけて皆と一緒に走ろう。


--------------------------------


ここから先は自分ではカイダン等経験してないので、シールドやクレ系視点での話をします。
認識不足や本職さんからの訂正・意見があったら是非教えてください。


--------------------------------





<ソード>

1:普段からの動き方・心得

攻撃職兼サブタンク。いざと言うときはプロボで敵を引き受け。
元々硬いので多少攻撃を食らってもキニシナイ人が多いような気がするが、些少であっても範囲攻撃を食らわないようにしてくれるとキュアたちの心臓とMPに優しい。

回転斬りは厳禁wwwww


2:2~3匹リンク時

積極的に2匹目や寝てる敵にプロボを入れてくれると有難い。なので周囲を見渡してくれると助かる。
宣言つきだとなお有難い。基本的にマクロとの相性がいい職だと思うんだ。
カオスになっても一番死にづらい職だと思うので蘇生石持っといてください。


3:さらに多数リンクして決壊しそうな時

シールドと一緒に、他の人をタゲってる敵にプロボをばらまきつつ走ってくれるとありがたい。
一緒に死のうぜ!!いやそうやってもなおシールドだけ死ぬ事多いけど。


<ボウ>

1:普段からの動き方・心得

クリ石入れてない弓も用意してほしい、シールドより先に攻撃入れないでください、後ろに下がりすぎたり引き撃ちして巡回を呼ばないようにしましょう、敵を引っ張ってる途中にあまり早くスネア入れないでね、etc
ソロからPTに初めて来た時の注意事項が極端に多い職だと思われる。
普段は火力として働き、緊急時にはスネアやスリープアローや罠でサポート。
最初からデバフ攻撃全開だとタゲ貰うこともあるので、ここぞって時に使ったがいいかも。


2:2~3匹リンク時

2匹目にスリープやスネアを入れて引っ張ってタゲ保持、なんて荒業も可能。
しかし引っ張ってる最中に他のモブを呼んでしまう可能性がある諸刃の刃。
敵が増えた分だけ範囲攻撃くらう位置が増えるのでその点注意。


3:さらに多数リンクして決壊しそうな時

逃げてOKハイドしてOK。
余裕がありそうなら、キュアやスペルから敵がはがれないときなんかにスネアを叩き込んでくれると嬉しいかも?


<シャドウ>

1:普段からの動き方・心得

近接火力だが脆い事が多いので範囲攻撃注意。(特に回転時やノックバック直後)
タゲを奪い取りやすいのでそれも注意。
実は硬いシャドウならサブ盾くらい余裕で勤まるらしいんだけどまだ組んだことがないんだ。
ダッシュ攻撃で他の敵を呼ばないように、も注意。


2:2~3匹リンク時

とにかく1匹目のHP削りとコカシが仕事な気がする。範囲には注意。


3:さらに多数リンクして決壊しそうな時

逃げてOKハイドしてOK。生き延びて、逃げ遅れたキュアに蘇生石使ってあげて下さい。


<スペル>

1:普段からの動き方・心得

攻撃魔法攻撃魔法CC担当。
周囲の状況と叩いてるモブのヘイトと残りMPと魔法のクールタイムに注意。
全力で魔法ぶっぱなしてると確実にタゲを貰うので、手加減したり、たまにサボって座ったりMPリカバリしててOK。
バリアは切らさないようにしましょう。カースツリーがあると自分もPT員も助かります。


2:2~3匹リンク時

とにかく一番先に気づいて、スリープを入れるのが最大のお仕事。本装備必須。
レジストされた場合、カースツリー・リストレインを叩き込んでも構わないが、それをやるとシールドがプロボ3回入れないとはがせなくなるため、レジストが続いたり誰かがうっかり殴ると自殺コース。
自分が狙われてるorキュアやシールドがやばい時以外はCCを手控えるのも選択肢の一つかもしれない。
スリープの効果時間・クールタイム管理は超重要。体感で@何秒か分かるようになると安定性が飛躍的に増す。


3:さらに多数リンクして決壊しそうな時

こう言う時はたいがい真っ先に死んでます(´・ω・`)
生き延びられそうなら逃げてOK。
もしくは一発でも多くスリープやリストレインやカースツリーを叩き込んでから沈みましょう。


<スピリット>

1:普段からの動き方・心得

攻撃魔法DOT魔法精霊攻撃。デバフ魔法全開だと意外とタゲ貰います。注意。
逆にデバフ等を全力で叩き込んでちょっとやそっとじゃ剥がれなくした後でサクリファイスを使用して地精霊にタゲ押し付け、という荒業も可能。


2:2~3匹リンク時

1匹のときよりさらにタゲが飛びやすくなるので自己保身注意。
上記のやり方で一匹引き受ける事も可能。


3:さらに多数リンクして決壊しそうな時

ガン逃げOK。精霊は人身御供です。
ちなみに急斜面をショートカットして逃げたりした場合(というか通常の移動時も斜面ジャンプを使った場合は)精霊がそこを通りきれなくて遠回りして追いかけてくるため、余計な敵を呼び寄せる場合があります。注意。
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 豆知識

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

ひの

Author:ひの
MMO「The Tower of AION」
イズラフェルサーバーの天族
レギオン<FEMC>にて活動中。

覚書なので更新は不定期です!

・クリスティンV (シールド)
・マグダル (スペル)

などなど多数キャラでお送りいたします。



最近の記事+コメント



Tree-CATEGORY



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



FC2カウンター



Copyright © ひの備忘録 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  (素材:ふるるか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。